16/12/14

12月31日、サンリオピューロランドで開催予定だったMad Tea Partyが今回のイベント主催者のPleasure "Entertainment" 株式会社の都合で中止となってしまいました。
D、GOD CHILD RECORDESのスタッフも当然そんな事にならないよう、開催出来るように様々な話をしましたが、覆る事は無く中止という判断を下されてしまいました。

これまで4月と9月にもサンリオピューロランドでライブをさせていただき、もちろんライブに向けて大変だった事もたくさんありましたが、主催者側の不出来な部分をカバーしつつ成功に向けて行動してきた数々の事はもちろん、自分達の想いは主催者側に伝わっていたと思っていました。ですが今回、開催まで一ヶ月を切ったこのようなタイミングで急に中止にされてしまうのは今だに信じられませんし、納得も理解も出来ません。
過去二回、サンリオピューロランドで行ったライブで来てくれた皆が楽しんでくれていた姿や笑顔は今でも昨日の事のように思い出せますし、今回も来てくれた全員に喜んでもらえるようにメンバー一丸となって行動してきました。
今回も当然、成功に向けて主催者側に様々な協力をして色んなアイデアも提案してきたのですが、これまでの想いは伝わっていなかったのか、結果、主催者側の中止という判断で皆の笑顔を奪ってしまう事になってしまいました。
当然、僕たちは最後まで開催したい想いを伝えていましたが、主催者側からの中止の決定に従うしかありませんでした。
本当に残念ですし、悔しい気持ちでいっぱいです。

Dとしても2年振りのアルバムツアーのファイナル公演をサンリオピューロランドで行う予定でしたので、ツアーがこのような形で急に幕を閉じてしまう事になってしまいました。
先日セミファイナルを終え、気持ちもファイナルへ向け高めているところでした。
何より残念で悲しいのは、楽しみにしてくれていたファンの皆を裏切ってしまう結果になってしまった事。
本当にごめんなさい。。


出演が決まっていたアーティストの皆さま、各事務所の皆さま、開催にあたり協力していただいた関係者の皆さま、本当に申し訳ございませんでした。
そして今回のサンリオでのイベントを楽しみにしていてくれた出演アーティストのファンの皆さま、本当に申し訳ございませんでした。
どのように謝罪するのが正しいのかもわからず、謝る事しか出来ないのが心苦しいです。。
申し訳ございませんでした。